法人課税改正

このエントリーをはてなブックマークに追加

〇復興特別法人税の課税期間を1年間前倒しして終了する

・平成26年3月31日までの期間に開始する事業年度に短縮

〇交際費課税制度の見直しと期限延長

・交際費等の額のうち、飲食のために支出する費用の額の50%を損金の額に算入(社内交際費を含まない、社外が対象・一人当たり5000円以下となる少額飲食費除く)することとする

この改正は大法人にも適用となる

・中小法人については、800万円の定額控除と50%損金算入とのどちらか有利なほうの選択適用ができる

・交際費の適用期限を二年間延長(平成28年3月31日まで)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です