元入金(モトイレキン)について

このエントリーをはてなブックマークに追加

個人事業者が開業する場合、開業前に支出した資金などは元入金として処理します。法人でいうところの資本金みたいなものです。

例えば、事業主が開業に当たって現金100万円準備した場合、次のような仕訳になります。

借方 現金1,000,000円  貸方 元入金1,000,000円

翌期の元入金は次のような計算となり、事業主貸や事業主借は翌期には元入金に合算されます。

当期の元入金+当期所得+事業主借-事業主貸=翌期の元入金

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です